Pocket

2019年もはや1ヶ月が過ぎて、さすがに新年会シーズンもほぼ終わったと思います。忘年会や新年会だけでなく、職場での飲み会が嫌なあなた。

 

 

バブルの時代ならともかく、いつの時代でも職場での飲み会が嫌な人は結構いるようです。かくいう私も嫌だな〜と思っている時期はありました。何と言っても会話するのがしんどいんですよね・・・。

 

 

しかし、なんやかんやで行かなければならないことも多いです。

 

 

そんな時に、あなたはどんな風にその飲み会を過ごしていますか?

 

 

ひたすら時間が経過するのに耐えているだけではありませんか?

 

 

それは本当にもったいないことです。この記事ではすぐに実践出来る会話のコツや飲み会への考え方をご紹介します。飲み会には行きたくないけど行くことが多い人にとって有益な情報となっています。

 

《この記事を読むことで分かること》

〇 飲み会での会話の仕方

〇 飲み会で得られるもの

〇 飲み会への意識の持ち方

〜飲み会での会話の仕方〜

飲み会が嫌な人は、会話のしようにも何を話していいか分からないと思っている人が多いです。もしくは、無理に話そうと試みて、結局気まずくなったいく経験も。

 

 

そこで意識して欲しいのは、『相手の情報ばかりを質問するのではなく、相手の感情に質問する』ということです。

 

 

どういうことかというと、「最近、腰が痛くてさー。」に対して、「整骨院紹介しようか?」という情報ではなく、「いける?最近仕事が忙しいの?」という感じに感情に訴えかけましょう。

 

 

そうするだけで、相手も「実は・・・」と話を展開しやすくなります。この感情の質問と情報の質問を組み合わせながら会話をするだけで、かなり変わります。

 

 

さらに、相槌のコツも紹介しておきます。相槌はただ単に「うんうん」とうなずくだけでもそれなりに効果はあります。

 

 

しかし、【相槌+自分の経験】で会話を返すことで、相手は自分だけが話しているとは思わず、肯定もしてもらえるので非常に会話が弾むのです。このちょっとしたコツだけで、会話に関してはかなり改善されるので、ぜひ試してみてください。

〜大人数の会話がしんどい時〜

飲み会の規模やメンバーにもよるでしょうが、大人数での会話が苦手な人も多いです。大人数での会話になった場合、メインで話す人は大概、早口で頭の回転が速い人です。

 

 

このよく喋る人が本当に人間のできた人で、みんなに上手く話を振り、面白い話を展開してくれるのであれば、構わないのですが現実はそうはいきません。

 

 

特に話すのがゆっくりだったり、苦手だったりするとただの苦痛の時間にしかなりません。そのため、大人数ではなく少人数で会話をしましょう。

 

 

飲み会のはじめは、なかなか少人数で会話することは難しいかもしれませんが、ずっと大人数で会話したまま会が終わることはないです。

 

 

少人数であれば、速い展開ではなくゆっくりとした流れで会話できます。こうすることで意外とあなただけでなく、速いテンポでの会話が苦手な人同士仲良くなるかもしれませんね。

 

〜職場での飲み会で得られるもの?〜

ところで、飲み会に行って得られるものってあるんでしょうか?だってあれば行きたくない訳がありません。私も社会人1年目の時はそうでした。しかし、職場の飲み会に行って得られるもの(メリット)はあるのです。ざっと以下のことが挙げられます↓

⓵人間関係の構築

だからその人間関係が面倒くさいんだってと言われるかもしれませんが、職場での過ごしやすさなどをトータルで考えた時、最低限の人間関係というものは築いておいた方が確実に良いです。

 

 

私はこのことに気づいたのは社会人4年目くらいでした。それまでの飲み会には何の価値もないと考えていましたが、意識するようになりだいぶ考え方は変わりました。

 

②情報の収集

前述した会話のコツを実践していると相手は話をやすくなります。そうすることで聞いているあなたも、知らなかった情報を知ることが多くなります。意外とこれが面白いのです。当然、仕事関係でタメになる話もありますし、生活する上でお得な情報が知れるかもしれません。

〜職場の飲み会への意識〜

ここまで、職場の飲み会の対策のようなもの紹介してきました。しかし、前項でまとめたようにやはり職場の飲み会には飲み会のメリットはあるのです。そのため、自分の意識を変えることがある意味一番に早い解決法なのかもしれません。

 

 

意外とお酒を飲みながら話すことで通ずるものがあるかもしれませんし、普段の職場では教えてくれないことも教えてくれるかもしれません。

 

 

つまり、少しでもメリットがある!という意識を持ってのぞみましょう。こうすることで徐々にメリットを経験し、考え方が変わってくるはずです。

〜まとめ〜

〇 飲み会では会話が重要。

〇 飲み会でのメリットを意識する。

この記事を最後まで読んでくださった人は本当に悩んでいるのだと思います。ぶっちゃけあなたが中堅以上で自他共に仕事ができる人なんであれば、行かない選択肢もアリだと思います。しかし、そうでないのであれば、ぜひこの記事で紹介した方法と意識を少し変えて行ってみて下さい。少しでもあなたの役にたてたら幸いです。

Pocket