Pocket

ひと昔前の東電の過労死の事件から企業では残業やパワハラなどにとても敏感になりました。

 

 

しかし、そうなった現在でも仕事で体調を壊す人が本当に多いようです。正直、私の周りにも結構います。

 

 

今回は特に私の身近にいる看護師の話です。

 

 

もちろん病院によって忙しさが異なるのは分かっていますが、それでも知人の病院は本当に激務でブラックといってもいいと思います。

 

 

残業は当たり前。しかも残業代は・・・。休みの希望は当然聞いてもらえず、パワハラ上司の存在などなど。ちょっと聞くだけでも聞いてるこっちの気持ちが沈んでしまいます。

 

 

そんな知人の元気がない様子を見ていて私は辞めることを進言しました。これは身体だけでなく、心がもたないと思ったからです。

 

 

みなさんの周りにはそんな潰れそうな看護師の方はいませんか?もしくは、現在看護師として頑張っているみなさん。

 

 

本当に大丈夫ですか?

 

 

今回の記事では、このまま看護師を続けても大丈夫なのか、少しでも辞めたいと時に考えるべきことは何なのかを紹介していきます。



~看護師を続ける理由は?~


はじめに看護師を続ける理由を考えてみて下さい。もちろんお金は大事ですし、人の病気や怪我を治したり、立ち直ったりすることを手助けする素晴らしいやりがいがあると答える人もいるでしょう。

 

 

このような理由を常に強く持っている人は、大丈夫だと思います。しかし、ふと自分が看護師を続ける理由を考えた時に、先述したような理由が思い浮かんでこない、もしくは以前より小さくなっている場合・・・。

 

 

あなたはもしかしたら看護師を続けるべきではないのかもしれません。

 

 

ただでさえ大きな責任が必要とされる職業です。このままではあなたの身心はズタボロになっていくかもしれないのです。

 

 

なんでそんなことが分かるのかと言うと、私の知人がそうだったからです。正確にはそうなる寸前にその病院を辞めたので間一髪セーフでしたが、終盤の状態は悲惨でした。

~身心の状態は?~


知人の症状を例にあげたいと思います。

① 口数が極端に減る。

⇒疲れとストレスから必要最低限の会話しかしてくれないようになりました。

⓶ 帰って来ては寝るだけの繰り返し。

⇒朝は5:00には起き、22:00に帰ってくることが出来たらいいほうです。これなら帰宅後は本当にすぐに寝てしまうのもうなずけます。

③辞めるという選択肢がない。

⇒自分が辞めたら周りに迷惑がかかってしまうという責任感から辞めるという選択を自分で見つけることが出来なかったようです。

 

このような症状が出だしたら、心身に異常をきたしている(きたす一歩手前)と考えて下さい。

~転職するタイミングは?~


まさに、心身に支障をきたしている、もしくは前述した支障をきたす一歩手前まできた時です。

 

 

このタイミングはかなり重要です。

 

 

何とか大丈夫と思っているあなた。それはもはや大丈夫ではありません。なぜならあなたの近くにいる支えてくれている人も徐々にしんどくなってくるからです。

 

 

現に私は知人を支えてういましたが、変わらない様子の知人と接していくことに自信がなくなってきましたから。

 

 

知人は現在、病院を変えて無理なく働くことができています。本人もはじめはその判断に悩んでいましたが、その選択に今は本当に満足しているようです。

 

 

いいですか。

 

 

決して辞めること、転職することは【逃げること】ではありません。



~一番大切なのはあなた自身!~


何のために働くのでしょうか?お金?やりがい?etc・・・・

 

 

人それぞれあるとは思いますが、個人的には人生を楽しむために働くのだと思います。あなた自身があなた自身を一番に大切に思ってあげてください。

~まとめ~

〇看護師を続ける理由を考えよう

〇辞めること・転職=逃げではない!

今回の記事は賛否両論をよぶかもしれませんが、やっぱり健康に仕事を続けて人生を楽しむのが良いんじゃないかというのが私の答えです。今回の記事を読んだ看護師やその周りの方にとって少しでも有益な情報になってくれれば幸いです(^^)/



Pocket