Pocket

早いものでもう2017年もあと20日を切りました!これからクリスマスや年越しなど楽しいイベントが待ち構えている人も多いと思います。しかし一方で、正月の悩みがある人もいるようです。ゆっくりできるのに何で?

 

それは正月にある親戚の集まりが原因なのです。コミュニケーションをとることが得意な人は良いですが、そうではない人は普段はあまり顔をあわせない親戚だけでなく義理の両親や兄弟たちと会うのは気を遣うし、どんな話をすればいいのか困ってしまうのでしょう!

 実は思ってる人多いです!

ある男女1500人に対して行われたアンケートで年末年始の帰省や親戚との付き合いを考えるとしんどいと答えた人の割合は、

男性は35.1% 女性は44.7%。

特に、女性は大体2人に1人は気が重いと感じているようです。 年代別では、男性は年を重ねるごとにその割合は減っていくことに対して、女性は年を重ねても あまり割合は変化しないようです。

 憂鬱な理由は・・・

○一番年下なので話題が合わない

○就職が決まっていない頃だと立場がない

○結婚の話題をされたくない

○何かと嫌味を言ってくる人がいる

○家庭に口出しされるを我慢しなければならない

 

など親戚同士の集まりは決して楽しいことばかりではないようです。

 実際にあった体験談

⓵お正月の親戚の集まりが嫌いといっても、自分の実家の方ではありません。もちろん主人の実家の方です。子どもはかわいいし、成長が見れることは嬉しいです。

 

嫌なのはあまり知らない人に対して、話題を提供するのがつらいです。また嫁はこき使われるのが当たり前です。自分の過ごしてきた正月とは全くちがう方法を、あたかも当たり前のようにこなさないといけないことが耐えられません。

 

⓶ 主人の実家では、まず女性は年下から働かされ、やり方が気に入らないと30人くらいいる親戚達の前で、義母やおばさんにボロクソ言われます・・・。

 

⓷「結婚は?」「いい人いないの?」「将来の考えてる?」などの質問に嫌気がさしています。さらっと聞かれるだけでも嫌なのに、根掘り葉掘り聞いてくるため、流すことができないのです。人から言われなくても自分が一番わかっているのに・・・、正月早々気分が落ち込みます。

 

⓸わたしの父親方の親戚は多く、信じられない子とにその中で派閥があります。例えば私から見たおばあちゃん派の人たちと、本家派の人たちなどです。

 

私が把握していない部分でもあるはずです。なのであちらこちらでに悪口を聞かされています。なにより、私の母は嫁いだ身なのでその人たちからすれば他人がいるという事になるらしく、母の悪口まで聞かされます。

 

父は、そこでで何十年も過ごしてきたので、感覚がマヒしているのか知らないふりをしています。私たち姪や甥には優しいのですが、私たちが嫌な顔をすると、母への風当たりが強くなるので、にこにこしていなけらばなりません・・・

 

このように相手方の親戚と会うのが嫌な人が多いようです。びっくりするのは、子どもまで空気を読まなければならないなんて|д゚)

 

まあかなり濃い体験談も含まれていましたが、共感できる人もいるのではないでしょうか?

 

とは言っても正月はやってきます!

ここから実際に無難にすごす方法を探っていきます。

 無難に過ごす方法とは!?

・子どもの世話をする。

ぐずったら抱っこ、寝かしつけや授乳を理由に、集まる場から席をたびたび外しましょう。

 

・あえてたくさん動き座る時間をみじかくする。

席についてしまうと質問されたり、何の話か全然わからないことに巻き込まれる可能性があるので、逆に仕事をした方が気が楽です。

 

・宿題や勉強道具、仕事の書類をたくさん持ちこむ。

宿題がしたいと言うと、大人は勉強場所をくれやすく、自分の邪魔をしないように気を遣ってくれます。 社会人となっても使える技でどうしても読んでおきたい資料があるとか、この仕事はしておかなければならない、と言うとその場を離れられます。

 

これらの方法はおすすめです!

しかし、これらの方法でも厳しいのであれば

 何とか乗り切る方法

・ただ、ただ、時間が過ぎるのを待つ!

常に笑顔で言われたことには返事をします。  正月の親戚の集まりは修行だと思い1年に1回のことなのでそーっと静かに参加しましょう。

 

・わざと遅めに到着し早く帰るようにする!

一応顔は出すことでノルマはクリアということにします。

 

・仕事などを理由に行かない まだ言いやすい理由です!

普段から1年中忙しいという情報を入れておくと良いかも。

 

・子どもを理由にする!

宿題や子どもの体調を理由にしましょう。

 

・いっそのこと行かない!

ふっきっていきません。なかなか難しいものかもしれませんが、そのようにしている人は少なくないようです。 最後に、どうしても行かなければならなくて、たくさん話をしなければばらないと分かってる場合は覚悟を決めて準備しておきましょう!

 苦手な親戚と会話するために!

1 話題をいくつか考えておく。

音楽やスポーツイベント、最近評判の食べ物やレストラン、休暇の思い出などが無難な話題を考えておきます。

 

2 政治・宗教の話はしない。

どんな場でもエチケットとされていることですし、盛り上がったら余計ややこしいです。

 

3 めんどくさい質問は軽く流す。

最悪は笑ってごまかしましょう。

 

4 ニュースに目を通しておく。

芸能だけでなく、他の話題もまんべんなく知っておくとgoodです。

 

5 同盟を結んでおく。

一人くらいは自分の味方がいるはずなので前もって助け合う話をしておきましょう。味方がいると思ってるだけでだいぶ違いますよ!

 まとめ 

正直自分は、親戚の集まりは別にいやではないので、できれば苦手な方たちは仲良くなっていってほしいと思います。しかし、体験談にあったようにめんどくさい人がいたり、人見知りの方も当然います。せっかくの一年のスタートです。まずは気持ちよく過ごすことが一番なので、この記事を参考にして乗りこえてくれたらうれしいです(^^)/

Pocket