Pocket

先日のワールドカップ決勝トーナメント1回戦【日本VSベルギー】の試合は本当に見ている人みんなが深夜にも関わらず興奮したことでしょう!!本当に悔しいですよね!確かに地力の差があったと言えばそうなんですが、それでも日本代表の戦う姿は誇るべきものでした。

 

 

試合後のインタビューでも各選手がワールドカップにかけた思いや今後の進退について語っていました。西野監督含む、選手たちはみんな本当に頑張っていましたが、その中でも色々な意味で、最も日本代表のサッカーに影響を与えた人物がいます。

 

 

そう。本田圭佑選手です!

 

 

彼はインタビューの中で、自身の今後のサッカー人生のことや、代表を退くことについて語っていました。とうとう本田圭佑がいなくなるのか、、、。率直に寂しいです。今回はその本田圭佑が日本代表にもたらしてくれたものについて彼のサッカー人生に触れながら語っていきます。

〜本田圭佑は天才ではない〜

今回のワールドカップでは乾、柴崎も大きく世界に名を馳せたことだと思います。しかし、世界的に見ても日本代表と言えば、やはり本田、香川が名を知られています。

 

 

香川はともかく、おそらくある程度のサッカー経験者なら本田が非常に才能に恵まれた選手ではないことは分かっていると思います。

 

 

もちろん体格は日本人としては良い方ですし、無回転フリーキックなど武器はあります。しかし、あくまでトッププロとしては、スピードもなく利き足とは逆の右足の精度もよくはありません。

 

 

それなのになぜ本田は世界のトップクラスで戦えていたのでしょうか?それはどんな時でも自分自身を信じる力があったからだと思います。

〜自分を信じる才能の持ち主〜

以前にもこのブログで記事にしたことがありますが、本田は決して順風満帆なサッカー人生を歩んでいる訳ではありません。ガンバ大阪ジュニアユースでは高校で昇格できなかったり、初めての海外移籍では移籍チームが2部に降格したりとかなり苦労しています。

 

 

それに加えて代名詞とも言える【ビッグマウス】のせいでもあるようですが、、、。しかし、この【ビッグマウス】をことごとく達成してこれたのは、自分を本気で信じることができたからです。

 

 

これが本田の最もすごいところで尊敬すべきところだと思います。中田英寿が引退してしまい、誰が日本人にしてあのACミランで10番を背負う者が現れると思っていたでしょうか?

 

 

いつでも自分を追い込み、ただひたすら目標を達成するために努力を重ねてきました。時には意識が高すぎるといってイジられたり、口だけとバッシングを受けても。男として本当にかっこいいです。

〜本田が日本代表にもたらしたもの〜

そんな本田が日本代表にもたらしたものは数知れないと思いますが、大きく以下の3つだと考えています。

 

①プロとしての意識

いつでも試合に出る準備はしている。当然のようで結構出来ていない選手って多いと思います。本気で勝つためには常にいつでもいけるという状態をつくってほしいものです。プロなら調子が悪い日などはあってはいけないのです。

 

②日本人でもできるという勇気

2010年に行われたワールドカップ南アフリカ大会で不安だらけだった日本代表が躍動できたのは、本田が結果を出したからです。カメルーン戦での1点で明らかに日本代表から迷いや不安が消えました。

 

③諦めない強靭な精神

どんなに自身が逆境に置かれても決して諦めない心を本田はチームに見せ続けてくれました。もうお払い箱と言われていましたが、結果はワールドカッ3大会連続得点。もちろん日本人初。この強靭なあれば選手はもっと上を目指せるのです。

〜日本が世界の壁を超えるために〜

ここまでは本田についての個人的な見解でした。ベルギー戦も感動を与えてくれたものの2ー0からの逆転負けという結果から分かるように、世界の壁はまだまだ高いということも痛いほど理解できました。

 

 

今後日本サッカーがこの壁を越えるために必要なものは、戦略的な部分は抜いて考えると本田が示してくれた「意識」「勇気」「諦めない心」を全員が本気でもつことなのではないでしょうか?

 

 

積み重ねてきたものはあったでしょうが、チームが本当の意味でまとまったのは短い期間でした。これから4年間という長い期間を選手たちが本当の本気で取り組むことができたら、、、。次のワールドカップが楽しにみなってきませんか?

〜まとめ〜

○本田は努力の人間

○本田の精神が日本代表に必要

とにかく今回は本田選手のことを書きたかったのが正直なところです。失礼かもしれませんが非凡な才能がある訳ではないのに、ここまで自分の人生を切り開いていった彼には本当にアツイものを感じます。

 

 

自分を信じ切ることの大切さを教えられました。もしかしたら引退ということになるかもしれませんが、今後も本田選手を追い続けたいと思います!

Pocket