Pocket

女性お笑い芸人の平野ノラさん(39)が12月25日の「有吉ゼミSP」で結婚を発表しました。「けんちゃん」という同い年の会社員の方のようです。

 

2017年2月に放送された「ダウンタウンなう」で、電話出演の彼から公開プロポーズを受けており、10月に放送された「踊る!さんま御殿!!」でも両家の顔合わせを済ませたことを明かし、年内の結婚を宣言していました。

 

私ともども絶好調な平野ノラさんですが、売れるきっかけとなったバブリーネタってどうやって生まれたのでしょうか?

 

どんな人なのか調べてみると意外なことが分かってきました!

~平野ノラのプロフィール~

本名   : 平野 千秋(ひらの ちあき)

生年月日 : 1978年10月20日 現在39歳

出身地  : 東京都

血液型  : AB型

身長   : 162cm

事務所  : ワタナベエンターテイメント

子どもの頃より目立ちたがりで高田純次さんの大ファンです。また、ミュージカル「アニー」を見て憧れをもち学校の文化祭で自ら脚本・主演で「アニー」を上演したそうです。

 

また意外にもスポーツが得意であり小学3年生の時にバレーボールを始めました。その後、バレーボールの強豪校・葛飾区立金中学校からバレーボール推薦で修徳高校に進学しました。

 

中・高とキャプテンを務め、関東大会で2位、全国大会と東京新聞杯で優勝するなどかなりの実力のようです。本人も芸人としてやっていく上で大切な精神力が、バレーボールによって培われたと語っています。

デビュー目指すも挫折

高校卒業後はミュージカル女優を目指しダンスの学校に通っていました。友人の劇団の公演に出演することがあり面白さを狙って自分なりに演じたところ「台本どおりにやれ」と怒らました。

 

この時に集団でやるのは私には向いてないと感じてお笑いを始めたそうです。その後、雑誌で募集をかけたり、公園のストリートライブなど様々な場所で相方を探したが結局見つからずピンでやって行くことを決めワタナベエンターテインメント開催のライブ「STEP! STEP! STEP!」のオーディションを受けに行きました。

 

しかし本人曰く全くウケず、才能がないし無理だなと思い、お笑いを諦めOLとして働くことになりました。この時は「負けたのだから去る」というバレーボールをしていた小学生時代に培われた精神から、簡単に「再びお笑いに戻ろう」という考えにはなれなかったそうです。かなりストイックなんですね!

紆余曲折の人生

しばらく社会人として普通に暮らしていましたが、目標などやりたいことがなくなっていき、人生に挫折を感じるようになったそうです。

 

かつてネタ見せの時に「芸人に向いていない」と激しくダメ出しされてお笑いの道を諦めたトラウマから「エンタの神様」などの番組も全くみることができませんでした。

 

そんな中、ひたすら絵を描く日々を送り、多くの数の作品が出来たことから小さな個展も開くにいたりました。また短期契約で不動産の仕事をしていたこともあり、宅地建物取引士(当時は宅地建物取引主任者)の資格も持っています。

~お笑いへの強い思い~

芸人デビュー直前の当時、家族にも紹介した婚約者がおり結婚寸前までいきましたがどうしてもお笑いを諦めきれずにいました。

 

そんな時にベストセラーとなった本「ガラクタ捨てれば自分が見える」に出会い、自分のやりたいことや、今後何をやるべきかが見えたそうです。

 

その後、婚約者のプロポーズを断って芸人の道を再び目指しました。2010年10月31歳で入学し、2011年9月に卒業し1年後の12月に念願のデビューとなります。

 

最初は本名で活動していましたが「野良猫のように一人でも芸能界を渡って行けるように」という意味で、ノラと改名しました。

~バブリーネタのきっかけ~

このネタとキャラが生まれたのは2013年の年末頃。もともと髪の毛を前後左右に振り乱しながら、バブル時代のあるあるネタを繰り出したり、バイクヘルメットを使って「男の落とし方」を披露していました。

 

そのネタを演じていた時に、「古い、バブル時代のかおりがする」言われたり、自身の父が不動産関係の仕事をしていたこともありバブルって何だろうと思い始めたことから本格的にバブルキャラを始めたようです。

 

実際はバブル時代、平野本人はまだ小学生だったのでバブル時代関連の本とわずかな記憶を頼りにネタを作っていきました。

ふかわりょうの存在

このネタも最初は受けず悩みました。しかし事務所の先輩であるのふかわりょうさんに見せた際に、後押しを受け信じて突き進んだそうです。

 

実は、ライブなどでバブルネタを披露しても全く受けず自宅に帰ってから吐いていた時期もあったそうで、平野さんは助言をくれたふかわさんに大きな恩義を感じているそうです。

 

それから二人はふかわりょうのプロデュースで、シングル「OK! バブリー!! Feat.バブリー美奈子」をリリースするまでの関係になっています。

ついにブレイク!

実は2012年に「笑っていいとも」のコーナーにも出演しており、「ぐるナイ」「スッキリ!」にも出演するなど2014年から徐々に出演オファーが増え始めました。

 

そして「櫻井有吉アブナイ夜会」で、女優の竹内結子さんが一番会いたい人として紹介したことをきっかけに一気に知名度があがります。

 

その後、2016年の「とんねるずのみなさんのおかげでした」のコーナーで平野は、「OK、バブリー!」「ぶっとびー!」などバブル用語をネタとした芸で一気にブレイクします!

 

 ちなみに平野さん自身はビートたけしさんの個展に行った際に購入したポストカードを引き延ばして額に入れて家に飾ってたところ仕事が次々舞い込むようになったのでたけしさんを恩人としているそうです(笑)

~まとめ・2018年はどうなる?~

始めは単発で終わる感じがしていましたが、意外と多才ですし何よりフリートークができるので2018年も活躍していくと思います!

 

何より一度トラウマになったお笑いに安定などを捨てて飛び込んできた強さがすごい。それこそスポーツ番組や絵のうまさを生かして芸術の分野でも活動するかも!?

 

 

Pocket