Pocket

今回は以前から興味のあった不動産投資についての記事を書こうと思います。『全くの素人が不動産投資について学ぶ!』シリーズの第2回目となります。

 

 

まずは第1回目に書いていた不動産投資のマッチングサイトに登録した結果どうなったのか?からお話したいと思いまいす。結論から言うと・・・

 

 

何の連絡もなし!!!

 

 

なんじゃそら!なぜにそんなことに!

 

 

という訳であまりに連絡がないので直接マッチングサイトにTELしてみたところ単純に私の相談したい内とマッチングするところがないのだとか。ちなみに私の相談したい内容は以下のものです。

 

「不動産投資に興味があるが全くの素人なので不動産投資の基礎(どのような投資の方法があるのか、メリット、リスクなど)について教えてほしい。」

 

 

マッチングサイトいわく、この条件だと相談が終わってから投資を始めるかが分からないからマッチングが難しくなっているようです。つまり、時間をとって面談しても契約につながる可能性が高くなければ・・・。ということですね。ちょっと残念でしたが、気を取り直して少しずつ知識や情報を集めていきたいと思います。

 

 

ここまでが第1回の結果です。

 

 

さて、第2回の今回は『不動産のリスク』についてです。

~不動産の無価値化が進んでいる?~

首都圏では不動産の価値は高騰しているので、一見良さそうに思えますが実際は無料でも売れない空き家やマンションなどが日本中であふれているという、これまでにないほどの大きな変化が起こっているそうです。

 

 

ネットで少し調べてみるとかなりの数の無料不動産が検索に引っかかるそうです。何と80%から90%の土地にはすでに換金の価値がないという住宅ジャーナリストもいるくらいです。なぜ今、日本で無価値の不動産が増えているのかさらに詳しく調べてみました。

~無価値の不動産が増えている理由は?~

大きく3つの理由が考えられます。

 

①人口の減少

ものすごく簡単にいうと、単純に日本の人口が減っているので、家の数が減っている→需要が減る→価値が下がる

という図式が成り立ちます。

 

 

②ネット販売の急成長

ネットでの販売が急成長したため、リアルの店舗がなくても商売ができるようになりました。店舗にかかる経費を削減できるのでネット販売を取り入れる業者が増えています。

 

 

③海外での生産の増加

製品を生産するための工場を日本でつくり日本人を雇うより、海外の工場で海外の人を雇用させ生産する方がコストが少なくてすむことから工場などが減り不動産のかちが下がっています。

 

 

これらが日本の不動産の価値が下がっている大きな理由のようです・・・。ということはやっぱり不動産投資はリスクが高そうですが、今後どうしていくことがいいのでしょうか?

~首都圏の高騰化は本当?~

結論から言うと本当です。他の地方とは新築マンションの坪単価が1000万円という異常な状態のようです。これは首都圏ということだけではなく、オリンピックの開催も影響していることと思われます。

 

 

また、中国などの外国人が首都圏内の不動産を買い漁っているという話もあるようです。これらのことからどうするのが正解なのか考えてみました。

~2020年がポイント?~

前述したように首都圏以外の不動産の価値が下がっているのは事実ですが、ネット上では少し意見が違うようです。

 

 

いくら価値が下がっているところが増えているとはいえ、首都圏内のように高騰してはいなくてもある一定の価値がある場所は少なくないという意見です。

 

 

確かに大学の近くなど今後も大幅に需要が小さくならないところもありそうです。そのため厳密には、本当になんの売りもないところの不動産の価値が0になってきているという考えの方が近いのかもしれません。

 

 

そしてオリンピックのある2020年がポイントということも間違いないと思います。オリンピックが終わっても首都圏における不動産の需要がなくならないのであれば参入するのもありかなと私は考えています。

~中国の動向も見逃せない?~

実際、日本の不動産を買いあさっている中国人が多いようですが、その買い漁っている理由の一つに中国からで出る時の保険というものがあるようです。

 

 

つまり、中国が国民にとって住みにくいようになっていけばますます日本の不動産を買い漁り続けることでしょう。

 

 

逆に、中国が国民にとって住みやすい国になっていけばもしかしたら今後、中国人が日本の不動産を買い漁ることがなくなっていくかも・・・。そうなると、また大きな変化があるのは必至かもしれません・・・。

~まとめ~

○首都圏の土地の高騰化と地方の土地の無価値化

○2020年がポイント

○中国政府の政策に注目

いざ、少し調べてみただけで不動産のリスクについて触れることができました。しかし、少し前までは不動産の価値がなくなるなんてことは考えられなかったようなうので、大切なのは常に情報を仕入れ続けることなのかなと今回の記事を書いていて感じました。とりあえずすぐに不動産投資をするのは置いときますが、今後も情報を集めていこうと思います(^^)/

 

 

 

 

 

Pocket