Pocket

昨今、メディアなどで【プログラミング教育】という言葉を聞く機会が増えています。私の周りの子をもつ親の方に「プログラミングという言葉から、イメージできるものは?」という質問をしてみたところ・・・

〇 パソコンを使う

〇 難しそう

〇 よく分からない

この3つの意見が多いです。あなたがこの3つの意見のどれかなら、是非このまま記事を読み進めて下さい。何だか難しそうな【プログラミング教育】ですが、どんなものなのか正しく理解していきましょう。という訳でこの記事は、プログラミング教育がよく分かっていない親ができることを知りたい方向けの内容となっています。

 

《この記事で分かること》

✅ プログラミング教育とは

✅ プログラミング教育は必要です

✅ 親ができること

~プログラミング教育とは~

まずはじめに【プログラミング教育】について簡単にまとめていきます。もうすでに何となく知っている方は、この項は飛ばして次の項に行ってもらってOKです。

 

この記事の【プログラミング教育】とは2020年に小学校で始まる教育内容のことです。前述したみなさんのイメージにも触れながらどんなものか説明していきます。

パソコンを使う?ー

必ずしも使う訳ではありません。なぜなら一つの教科というより考え方を学ぶためのものだからです。ちなみにコードを扱いプログラマーを育てるという認識は違います。学ぶべき考え方とは簡単に言えば以下のような感じでしょうか。

 

予想 ➡ 試行 ➡ (失敗)➡(再思考)➡(再試行)➡ 達成

 

この思考方法をすることで、柔軟な思考力、論理的思考力、多面的思考力が身につくことが期待できます。考え方を学ぶので、もちろん既存の教科でもとりいれられていきます。(以下プログラミング的思考力としておきます。)

ー絶対にやる?ー

これは2020年から必ず実施されます。国が決めたことなので。そのため学校現場では、プログラミング教育導入のために研修を開いたりと色々と準備を始めているはずです。

~プログラミング教育は必要です~

世間では色々と意見が交わされていますが、私の結論は【プログラミング教育】はトータル的に考えて必要です。では、一体なぜ必要なのかをこの項ではまとめていきます。

ーそもそもやる理由は?-

そもそも、なぜやるのかから考えていきましょう。その最も大きな理由は・・・

 

「時代の変化」

 

これに対応するためです。近頃の急速な技術の発展により、2030年には、現在ある仕事のうちからおよそ45%がなくなると予想されているだけでなく、2019年の子どもたちは、今存在していない仕事に就く可能性が高いとまで言われています。

 

つまり、急速な時代の変化に対応できるようになっておかなければなりません。そして自ら考え、状況に応じて思考を繰り返し、答えにたどりつく「プログラミング的思考力」が必要だということです。

ープログラミング教育が始まるとー

プログラミング教育の必要性を説明してきましたが、実際に学校で授業を受ける子どもたちにとっては、意外なメリットもあります。

①授業がおもしろくなる

➡ 学校によっては常にとは言いませんが、今よりもパソコンを扱う機会が増えることは間違いないと思います。そのため子どもにとって興味深いものになることもあると思います。

 

②教師の力が向上する

➡ 実は、個人的に一番感じているメリットはこれです。前述したようにプログラミング教育は2020年に実施です。教育のプロである以上、むちゃぶりであっても「私はプログラミング教育はできません。」という訳にはいきません。そのため、教師の技術が向上すると思います。というか、向上せざるを得ないと思います。そういう意味で子どもにとって有益だと考えます。

~親ができること~

2020年から小学校で確実に始まるということは、ここまででよく分かっていただけたと思います。しかし、学校教育としては新しい試みなので、ぶっちゃけ学校や教師によってより効果的にプログラミング教育を実施できるかは違ってくると思います。そのため家で親ができることを考えてみました。

ー無料ソフトで遊ばせてみるー

「子ども プログラミング 無料」と検索してみて下さい。色々なフリーソフトやサイトが出てきます。ここでおすすめをあげてもいいのですが、あえてしません。その代わりに、お子さん自身で「子ども プログラミング 無料」と検索させてみて下さい。そして、自分自身で選択させましょう。自分で選んだもの方が興味がわきます。

ープログラミング教室を体験させるー

今では、子どもプログラミング教室は結構開かれています。一度でも体験させるのが良いと思います。パソコンだけでなく、タブレットや車、ロボットなど普段は触れることもできないものに触れることができるかもしれません。また、普段できないこの体験により、将来就きたい仕事にもつながるかもしれません。

ープログラミング的思考力を伸ばすー

普段から家庭で、

予想 ➡ 試行 ➡(失敗)➡(再思考)➡(再試行)➡ 達成

この流れを意識した声かけをしてみましょう。答えを教えるのではなく自分で導きださせるのです。その際、失敗はつきもですが、励まし何でも失敗させて、もう一度考え、再試行させてみて下さい。親にこの意識があるだけで、かなり力がつくはずです。

~まとめ~

〇 プログラミング教育は必要

〇 日常的にさせよう

2020年になってみないと分かりませんが、おそらくはじめから環境面から考えて教師も子ども上手くはいかないと思います。しかし、子どもだけでなく教師のためにもやる価値はあるので、保護者の方は学校をあたたかく見守り家庭でできることをしっかりと取り入れてみて下さい(^^)/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket