Pocket

近頃ますます寒くなってきました。日本の冬と言ったらやはり【鍋】でしょう!体が温まるだけでなく、野菜やお肉などのタンパク質もたっぷりと摂取できる鍋は栄養面も非常に優秀です。また、準備や片付けも楽でこの季節になると私もよくやっています。

フルーツ鍋とは何ぞや!?

さて、スーパーなどでは、豆乳鍋、キムチ鍋、カレーなべ、豚骨スープ鍋などバラエティに富んだものがあふれていますが、今、実はトレンドとなりつつある鍋のことをご存知ですか?

 

 

それが『フルーツ鍋』です!

 

 

正直はじめて聞きました(笑)。おそらく鍋にフルーツが入っているのだと思いますが、なぜ人気なのでしょうか?

 

どんな鍋?

そもそも「フルーツ鍋」の起源はヨーロッパにあり、元々はフランス南部に伝わる家庭料理だそうです。果物が豊富にとれる地域なのですが、どうしても破棄する部分が出てくるのですが、それをどうにかしようと思いで出来たものが「フルーツ鍋」だそうです。

 

 

主にフルーツを使用することで香りや酸味がアクセントになる食事としての鍋や、インスタ映えするなどの見た目も楽しむことができる鍋であることが人気です。

 

 

近頃、日本では非常に健康意識が高まってきているのも要因の一つと言えるでしょう。ジャーサラダパワーサラダも流行りましたよね!

 

 

そんな「フルーツ鍋」は決してイロモノ扱いではなく良いところがあります。

 

 

鍋では加熱によりかさが減るため、より多くの野菜を摂取できることが良い点ですが、果物を入れ野菜と同時に摂取することで野菜だけでは賄えなかった栄養素やビタミンも摂取することができます。

 

 

また、だし自体をフルーツ(ペースト状)と昆布だしなどを混ぜたものをだしにしている鍋もあり、締めと一緒に残さず食べられます。

 

 

さらに、果物は体温を下げてしまう作用があるものが多いですが鍋ならそういったこともなく、逆に体を温めて冷え対策となり新陳代謝を高める効果も期待できるので、健康のために果物を食べたいですが、冷え性に悩んでいる方には絶好の食べ物ですね!

 

 

気になるお味は?

流行りつある「フルーツ鍋」ですが、すでに種類は多いようです。実際に食べた知人から話を聞いたところ、どうしても甘さが抜けなくて苦手・・・。好き嫌いは分かれそうな感じだそうです(笑)。

 

 

しかし、店によって味は違いますし、何よりヘルシーであることは十分魅力的だと思います!

 

 

近頃、食生活が少し乱れてきている私にとってはチャレンジする価値はありそうです。近いうちに食べにいってみて、気にいったら自分でも作ってみたいと思います!

 

 

 

 

 

Pocket