Pocket

フットゴルフが新スポーツとして流行しつつあります。百聞は一見に如かずなのでまずはこちらの動画をご覧ください。

 

まあ要するにゴルフ+サッカーですね!サッカーボールでゴルフをするスポーツです。

 

実はフットゴルフは2009年にオランダで出来たスポーツなのであまり知らない人が多いでしょう。

 

しかしその競技人口欧米を中心に増えており、今では30ヵ国以上で楽しまれており、日本でも『日本フットゴルフ協会』が設立されているのです。

 

私はサッカーが好きなので実際にプレーしてみました。感想も含めて紹介していきます。

~フットゴルフの魅力~

ゴルフほど一打あたりの距離が出ないため、パー4が130ヤード程度と短めに設定されています。そのためゴルフ場の1ホールがフットゴルフ約3ホールに分割されているのでキック力がなくても大丈夫です。つまり誰でも気軽にプレーできます。

 

ゴルフの場合は最初は上手くボールを飛ばせませんし、それなりの練習が必要ですがフットゴルフには必要ありません。練習するとしてもお金はかかりませんしね(笑)。

 

現に一緒に回った女性もサッカー未経験者でそれなりにプレーできていました。何なら女性の方が力加減が上手くいっているように感じました。また料金もゴルフに比べて割安ですし、何よりサッカーやフットサルのよりも人数も少なく計画もたてやすいです。

~こんな人におすすめ!~

私はゴルフをかじったことがあるのですがあまり得意ではありません・・・。しかし、ゴルフ場の自然や爽やかさ、一汗かいた後のお風呂は好きでした。つまり、ゴルフ場の雰囲気が好きですがゴルフはあんまり・・・という人にはかなり楽しめるものだと思います。

 

一緒に回ったサッカー未経験者でも楽しくプレーできていたのも印象的でした。また、個人的な意見ですがゴルフよりも消費エネルギーは大きいと思いますのでダイエット効果にも期待できそうです。

~フットゴルフのルール~

日本フットゴルフ協会によると以下のようなルールがるようです。

 

1.常にゴルフウェアを着用する。

2.自分のボールであることを見分けやすくする。

3.スコアカードを見直して、自分の順番を待つこと。自分のキックが他の選手の邪魔にならないように注意する。

4.ボールは一挙動のみで動かさなければならず、蹴る前は、足はボールから後方に離れていなければならない。

5.ボールが完全に止まるまでは、次のプレーを待つ。(風により転がるボールを止めることは認められていない)

6.ティーマーカーとその後方2mの間でボールをキックオフ(ティーオフ)すること。
※キックオフ順は、前ホールのスコアを元に定める。前のホールで一番良いスコアを記録したプレーヤーが次のホールで最初にキックオフし、2番目に良いスコアを出したプレーヤーがそれに続く。

7.ボールがあるがままにプレーする。蹴る前にボールを動かしたり、障害物から移動させることは認められていない。
例外:ボールが多少なりとも、他のプレーヤーのキックやボールの妨げになる時は、マークしたりボールを持ち上げることができる。

8.カップから一番遠い位置にいるプレーヤーが最初にボールを蹴る。

9.ボールがウォーターハザードに落ちたら、ボールがそのハザードに入ったと思われる地点に一番近い場所から2歩以内にリプレースし1打罰を受ける。または、1打罰を受けその前にキックした地点にボールを置きキックする。

10.グリーン上でのみ、ボールをピックアップし汚れを落としてリプレースすることができる。
※カップからの距離に関わらず、完全ホールアウトしなければならない。ゴルフで言う“OK”は認められていない。

 

結構ルールが細かい!!と思うかもしれませんが基本的にはゴルフのルールです。

 

ゴルフを知らない方でも、基本的な人としてのマナーとボールには無闇には触らない、一番遠い人からプレイ、を意識していたらすぐに理解できます。

~フットゴルフの服装の注意点~

ゴルフ場なのでゴルフウェアの着用となります。(キャップ・襟付きシャツ・ソックス・ズボン・シューズなど)

 

しかし、実際プレーしている人はサッカーの恰好に襟付きのシャツというパターンが多いです。ゴルフ場によって違いもあるようですかが、基本的にはそこまで敷居の高いものではありませんのでご安心を!私はサッカーの服装にポロシャツを着てプレーで問題ありませんでした。

~まとめ~

唯一の課題はできる場所が限られていることでしょうか?実は公式のサイトによるとプレーできる場所はかなり少ないようです。しかしテレビや雑誌でとりあげられることで徐々にプレーできる場所は増えると思われますので興味をもった方は是非一度やってみて下さいね(^^)/

 

Pocket