Pocket

早いと感じるかもしれませんが、今年もバレンタインデー商戦が始まっているのをご存じですか?

 

百貨店や人気チョコレート店ではすでに予約が始まっているのです。本命チョコ、義理チョコだけでなく友チョコ、自分チョコというものまで出てきている最近のバレンタインデー。

 

 

これって海外ではどうなっているのでしょうか?

 

そして、実際のところバレンタインデーがいるのかいらないのか皆さんはどう思っているのかなどを調べてみることにしました!

~バレンタインデーはいつから?~

日本では2月14日をバレンタインデーとして女性から男性へチョコを贈る習慣がありますよね。

 

そもそもこのバレンタインデーの習慣は昭和30年代(1950年代)に入ってから根付いてきたもののようですが、初めはほとんど売れていなかったようです。

 

朝日新聞の記事によると、昭和33年に新宿・伊勢丹の売り場に「バレンタインセール」と手書きの看板を出してチョコを販売したところ3日間で売れたのは30円のチョコ5枚と4円のカード5枚だけだったんだとか。

 

しかし昭和30年代後半になると森永製菓などの企業が積極的にバレンタインデーを売り出す動きを見せ始めました。新聞の広告にもチョコを買った人には映画館に招待したり、腕時計をプレゼントするなどといったものもありました。

 

このように多くのチョコを扱っている会社が販売戦略を進めていき、昭和40年代末から50年代にかけて現在のような一大イベントとなったのです。

~海外ではどうなっている?~

アメリカでは、バレンタインデーに男性が女性にチョコレートを送ります。実は日本でいうホワイトデーはないのです。

 

また、日本では義理チョコがありますが、アメリカではその感覚がほぼなく本命の人だけに送ります。男女逆なんですね!これはびっくりです!

 

さらにアメリカの男性は女性のために大体1万円以上を使うのが当たり前だそうです。

 

マジですか・・・。ちなみにドイツでも同じ感じのようです。

~チョコ以外の国も!~

イギリスでは、好きな人にカードを贈って告白します。この歴史は古く18世紀に始まったようですがカードには贈り主の名前はあえて書かないのが伝統なんだとか。これちゃんと分かるんでしょうか?(笑)

 

タイでは、チョコではなくバラの花を男性が女性に送るのが一般的だそうです。この日にプロポーズをして結婚するカップルも多いようです。

 

スペインにとってバレンタインデーは「恋人の日」。恋人同士が会って、お互いプレゼントを贈り合う日なんです。日本でいうクリスマスに近い日なんですね~。

 

これらのように海外では全然違う形なんですね。というか海外の方は男性からというところが多いのか・・・。

~実際いりますか?~

まあ本命チョコ、自分チョコ、友チョコは別に良いと思います。しかし義理チョコは確実にいらないと思います(笑)。

 

実際、25歳から34歳までの男性社会人200人に行われたアンケートによると約9割が義理チョコは不要だと感じているようです。本当にそう思います!

 

男性でも年配の方は交流という意味でほしいのかもしれませんが・・・。 それでもやめた方が良いと思います。

 

これ女性陣も全体で渡すか、グループで渡すかなどでめんどくさいと言ってましたし!そう思っている女性は多いのではないでしょうか?

~まとめ~

・バレンタインデーは企業の作戦で始まった。

・海外では違う形。(男性の負担は日本よりかなり大きい・・・)

・若手男性社員の9割がいらないと思っている。

もちろんこのイベント自体が全て悪いとは思いません。本命からもらえると確かに嬉しいですし、お互いの愛を確認できるとも言えますしね。

 

そのため形だけである義理チョコはやめましょう。なくすことでよりロマンチックなものになり、バレンタインデーの価値があがると思います。男性のみなさん、もっと訴えていきましょう(^^)/

Pocket